おせち料理は、新年に対する願いを込めた、華やかで贅沢な料理です。その一方で、伝統的な製法で非常に手間がかかる。そんなイメージを持つ人も多いと思います。年末になればスーパーで売っているので、好きなおせちだけ購入して食べる方も多いと思います。最近の人気おせちでは洋風フレンチおせちなんてのもあります。

それでも、時間がある方はぜひおせち料理の手作りに挑戦していただきたいと思います。なぜなら、最近はどんな料理でもレシピサイトで気軽に料理方法を調査できるようになったからです。自分で作ったものは、無添加で安心ですし、愛着があってより一層おいしいと感じることができると思います。

私自身、幼い頃から料理の手作りが大好きでした。母が昭和の末期に数年に渡り購入していた、NHKの「今日の料理」を見ながら、栗きんとん、なます、田作りなどの定番のおせちを作っていたのが、2000年前後の話です。
しかし、今では何冊も本を購入しなくても、インターネットで検索すればレシピがでてきます。クックパッドでは「つくれぽ」の多い人気のレシピもわかります。私自身、数年前にクックパッドで紹介されていた栗きんとんのレシピを参考に作ったところ、過去に本を参考に作ったものと遜色なく、スーパーと比べたら別格においしい栗きんとんを作ることができました。また、YouTubeなどの動画サイトでも料理の製法が数多く紹介されています。文字と写真では伝わりにくい細かい動作も、動画ならわかりますので、より正確に料理することができます。

インターネットで紹介されている製法は、初心者を意識して簡単な製法になっていることが多いと思います。そのため、伝統的なおせちの製法にのっとったものかといわれると、意見が分かれるところです。それでも、おせちを手作りしたことのない若い方々が初めて手作りする足がかりとしては、大変便利で利用しない手はないと思います。一度手作りして、その魅力に目覚めたら、翌年により伝統的な製法で作るのも面白いと思いますし、他のおせち料理へとバリエーションを広げるのも有意義でしょう。

スーパーのおせちも美味しいですが、型にはまった規格品よりも、手作りのおせちの方が別格においしいです。ネットで多くのレシピ情報が出回る世の中ですから、ぜひ多くの方に挑戦していただきたいです。